事務所概要

事務所名
ラファエルセッケイ
Raphael設計
所長

神長 宏明
(フリーランス)

業務内容
住宅の企画・計画・設計・監理をメインに行う設計事務所です。
国の基準を遥かに上回る省エネ・高断熱・高気密、アレルギー改善のために自然素材を使用した
「光熱費半分で健康で長生きできる家づくり」をメインテーマに掲げた「健康住宅」を設計しております。

また、(社)新住協 / 新木造技術研究協議会(関東支部)の正会員として、研修会には必ず出席し、高断熱住宅の温熱環境など、身をもって体感し、何が本当に正しい知識なのか、世の中の高断熱設計の間違いなどを、きちんとお客様へ説明、相談、提案が出来る知識の習得に励んでおります。
更には、日本エネルギーパス協会認定の「エネルギーエージェント」として、
30年間の光熱費もローンの一部としてシミュレーションできる資格も取得しております。

技術の向上に努める方法として、消費者に対して専門家として社会に責任の取りうる業務領域(専攻専門領域)を認定・登録し社会に示す制度である、建築士会継続能力開発(CPD)制度にも登録しています。

間取りのアドバイザーやその他家づくりにおいての相談を行っております。
事務所所在地
〒321-0933
栃木県宇都宮市簗瀬町1943-4-108
TEL&FAX. 028-306-0941
設立
平成26年(2014年)
二級建築士(管理建築士)
栃木県知事登録 第7714号
二級建築士事務所
栃木県知事登録 B第4573
その他の資格
エネルギーエージェント(日本エネルギーパス協会)


・住宅省エネルギー技術者講習修了(設計+施工)

・建築仕上診断技術者(ビルディングドクター非構造)※BELCA
・木造耐震診断基準特別講習会修了
・応急危険度判定士
加入団体
・建築士会(宇都宮支部)

・(社)新住協 / 新木造技術研究協議会(正会員)関東支部

新住協とは、特定の営利団体からは独立した開かれた民間の日本最高レベルの高断熱住宅の研究をしている技術開発団体です。
誰もがいい家を求められる社会環境づくりをめざして活動します。
Q1.0(キューワン)住宅の研究を行っているのが新住協です。
学歴
栃木県立宇都宮工業高等学校 建築科
 卒業 平成11年3月
道都大学 美術学部 美術建築工学コース
 卒業 平成15年3月
職歴
株式会社 酒井建築設計事務所
平成15年4月~平成20年2月
株式会社 安藤設計
平成20年3月~平成25年12月
退社~事務所登録まで
平成26年1月~11月
(双子の育児&介護期間)
平成26年11月
Raphael設計 設計事務所登録
使用CAD
DRA-CAD14 
その他使用ソフト
マイホームデザイナーPRO9 EX2
ホームズ君 省エネ診断+住まいのエコナビ