3分で分かる!

家を建てる前に考えたい、建てる意味や未来の事

家を建てる「キッカケ」は子どもが産まれたり、結婚したりと様々ですが、 いざ建てようとなれば、取りあえず 雑誌をみたり、何気なく展示場へ行ったりする人も多いのでは無いでしょうか?

  • 人は欲張りです

そこで見る家の、良いとこ取りをしようとし過ぎる人が多いです。
その結果・・・



  • 何が良いのか分からない
  • もう、展示場のように造ればいいんじゃないか?

 

こうなった時点で、「家を建てる意味を見失っています

初めての家づくり、誰もその方法を教えてくれませんので、それは仕方無い事です。
家づくりとは、自分(家族)の為に行うものです。

 

誰でもウェルカムで仕様もデザインも最高ランクの展示場から、無理やり自分たちに合うものを探そうとしても、それは本当の家づくりではありません。


私は今後の住宅に大切なテーマは、健康で長生き出来る可能性のある、外気温が氷点下でも暖房を使わず16℃辺りを保てるような断熱性能の高い省エネ住宅だと思っています。


2020年には省エネ住宅が義務化され、省エネ設備だらけのゼロエネルギーハウスが増え、設備をフル稼働するような住み方によっては増エネになります。


昨今では、電気代を気にしたり 、エアコンの直接当たる風が苦手などの理由で、冷暖房を使用しなかった事が原因で、家の中で熱中症になる高齢者が多いのをご存知ですか?

 

また、冬にヒートショックが原因で家の中で死亡するなど・・・


家庭内の不慮の事故では96年から右肩上がり13000人以上・・・
交通事故による死者数より3倍以上多いのです!!

兼好法師が生きてた時代は『夏をむねとすべし』

今は・・・

冬をむねとすべし』という事です。
家庭内の不慮の事故が増えているという事は・・・

冬に多数が亡くなる『冬リスク社会』という事です。

省エネ設備に頼らない設計が非常に重要です。

それらを踏まえた上で・・・
「メインテーマとサブテーマ」を考えましょう!
※アトピー性皮膚炎などを緩和する為の自然素材の家や、地震の時でも安全の制震性の高い家など

その次に子育てしやすい家など間取りに対して求めるコンセプトを追求したり、最後に見た目のデザインを考えるようなストーリーが重要だと思っています。


アトピー性皮膚炎を改善したい事が一番望まれる方の例

「メインテーマ」
アトピー性皮膚炎を改善する家
「サブテーマ」
出来る限り自然素材の家
コンセプト
明るく風が通り、子育てしやすい家となる間取り

地震に対しての安全を一番望まれる方の例

「メインテーマ」
地震の時でも安全の制震性の高い家
「サブテーマ」
木の香りが漂う家
コンセプト
家事動線に配慮し、洗濯や掃除がしやすい間取り

二世帯住宅&親の介護(もしもの時)を一番望まれる方の例

「メインテーマ」
二世帯でもお互いが気持ちよく住める家
「サブテーマ」
介護する時が訪れた時、介護がし易い家
コンセプト
たまに子供の面倒を「ばあば」にみてもらう時、膝が悪くてもくつろげる空間のある間取り

とにかく健康!そして光熱費0を目指す方の例

「メインテーマ」
死なない家(家の中の不慮の事故で)
「サブテーマ」
太陽光で光熱費0
コンセプト
簡単に家じゅう一定温度を実現できるように、壁とかを必要最低限取っ払った間取

こんな感じで。

省エネ&温熱環境は当然標準で行うのが当たり前なので、必ずテーマに入る訳ではありません。

まず、メインテーマ&サブテーマをクリアしてくれる所に依頼しないと、意味がありません。

まあ、家造りにおいて、一番重要な事・・・

それは 『家を建てる意味・理由をしっかりと考えられること』です。

 

お問い合わせ内容 *
お名前(漢字)*
お名前(フリガナ)*
E-Mail*
電話番号(半角)