栃木県に高断熱住宅は必要ない!?これを見て!

栃木県で高断熱住宅に対するイメージがこうです。

  • ここは栃木!北海道じゃね~んだ
  • 日光や那須とかならわかるけど他は寒冷地じゃない
  • 寒くたって死にやしない
  • 薪ストーブ入れればいいでしょ?

みたいな感じです。

まず初めに言っておきます。

 

Q1.0住宅のような高断熱住宅を否定して安さ重視の家を建てるなら、はっきり言ってお金の無駄使いです。

 

去年の12月、ちょっと午前中と夜で、Googleさんの天気を使って各地の気温を調べて見ました。

「ここは北海道じゃね~」とか

「日光や那須が寒い」

と言っている・思っている人ほど、良く見ていただきたい。

栃木の午前中(2017/12/16)
北海道の午前中(2017/12/16)
栃木の夜(2017/12/19)
寒冷地の夜(2017/12/19)

 

寒冷地も温暖と言われる栃木も、ほとんど変わらないですよね?

省エネ基準の地域区分で言うと、札幌は2地域、函館3地域、
僕は散々言ってる、2℃の差って、小さいようで、メチャクチャ大きい温度差なんですよ。

5地域の実家のある栃木県鹿沼市と3地域の秋田と12/19日の夜はマイナス1℃で同じですよ!?
しかも、4地域の仙台は1℃、5地域の宇都宮も1℃。

そりゃ、寒冷建築なんて必要ないという人がとても多い栃木県の人達。
申し訳ないけど、冬の死亡率日本一と言われても、当たり前の結果だと思います。

地域区分 地域詳細(一部) 熱損失係数 外皮平均熱貫流率 冷房期の平均日射熱取得率
1地域  北海道(旭川・富良野・釧路・稚内) Q1.6 UA値0.46
2地域  北海道(札幌・苫小牧・室蘭) Q1.9 UA値0.46
3地域  函館・青森・山形・秋田 Q2.4 UA値0.56
4地域  宮城・福島・栃木県(那須、日光) Q2.4 UA値0.75
5地域  宇都宮(4地域以外の栃木県) Q2.7 UA値0.87 ηA値3.0
6地域  千葉・横浜 Q2.7 UA値0.87 ηA値2.8
7地域  長崎・鹿児島 Q2.7 UA値0.87 ηA値2.7
8地域  沖縄 Q3.7 ηA値3.2

 

まあこんな感じで、夜は栃木も函館も同じような外気温なのですよ。

栃木が違うのは、北海道は日中も雪の為、平均して低い温度だけど、栃木なんかは、10℃くらいに日中は上がる。

寒暖差が激しいとも言える。

なので、日中の太陽熱をどれだけ取り込んで、逃がさないか?という家づくりが重要なのだ。

トリプルガラスを使ったら暖かいとか、重要なのはそこではない。

トリプルガラスは、日射取得率が50%以下。20~40%台だったりする。

なので、南にまでトリプルガラスを設置しようなんて会社は、正確な知識を得るまで、理解するまで家づくりストップするべきだよね。

ラファエル設計が採用する日射取得率は70%以上。

この熱を逃がさないように設計するのです。

逆に、夏は、熱を入れないように設計するのです。

 

まあ、この気温を見てしまうと、ハウスメーカーで寒い家を建てる意味が全く共感出来ないんですよね。

デザイン重視で建てたとして、自分の子どもや孫たちは、室内環境重視かも知れない。

 

高気密に住むと、ビニールハウスに住んでいるようだと表現する人も、正直終わってる。

住んでいてビニールが見えるかよ!?(笑)

 

Q1.0住宅に住む人からは、「快適」という感想以外、ビニールハウスなんて感想は一切ない。

 

これから家を建てようとしている人、
家の中でユニクロのフリースとか着るの、もう止めましょうよ。

2018年10月11日