『地震に強い家』みんなの勘違い

耐震等級3の設計

近年、建築基準法で想定している地震を上回る規模の地震が、熊本地震を初め、各地で発生しています。

そんな中、これからの家づくりに耐震性を持たせた設計をする事が非常に重要となっています。

耐震等級3とは、住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく評価方法基準、1-1耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)に定められている等級3の基準であり、
数百年に一度程度発する地震による力の1.5倍の力に対して、倒壊、崩壊等しない程度を想定しているものです。

※構造計算は外注になります。
※耐震等級に係わらず、構造設計は行います。

耐震等級3を取得した場合、地震保険割引制度が受けられます。

耐震等級1
建築基準法
耐震等級2
建築基準法の1.25倍
耐震等級3
建築基準法の1.5倍

現在、耐震等級3を謳う工務店も多くあります。

ですが、この耐震等級は初めにも記載した通り・・・

  • 数百年に一度程度発生する地震による力
  • 1回だけに対して倒壊、崩壊等しない程度を想定

な訳です。
数百年に一度』ですよ?
一回だけ』ですよ?

現在の耐震基準ですが、ザックリと説明するとこんな感じです。

極めてまれ(震度6強以上)=数百年に一度
倒壊させてはダメ
稀(震度5強以上)=数十年に一度
柱や梁などの構造に係わる部分が損傷してはダメ

 

もう一度言います。

  • 地震1回だけに対して倒壊、崩壊等しない程度を想定 しているのが現在の耐震設計基準です。

 

熊本地震などは、震度6クラスの地震が連続で発生しています。

地震は、1度だけ発生する訳ではございません。

建築基準法では、そんな地震に対して、

  • 逃げられる時間は倒壊しないでね

という考えのもと法律が作られているので、2回目の強地震に対しては想定していません。

いくら耐震等級3の家を造ったとしても、2回震度6クラスの地震を受けたら、1回目は見た目何ともなくても、2回目で倒壊する可能性は非常に高いです。

家は、1回目の地震でもう既に瀕死の状態にある訳です。

非常に不安な状態で過ごすことになります。

 

新耐震基準や耐震等級3というのは、建物の強度を強くして、いわゆる、筋肉ムキムキみたいな強くて硬い建物を目指したものです。
硬いものが割れやすかったりするように、いくら強度を強くしても、地震に対する力を
いなす
ことが出来なければ、地震に対して真っ向勝負を挑んでいるのと同じです。

地震には、『周期』というものがあり、建物の揺れと地震の周期が一致すると、激しく揺れる『共振現象』というものが起きます。
これと一致すると、耐震等級1の建物は殆ど揺れていないのに耐震等級3の建物だけ大きく揺れまくるという現象が起きます。
すると、場合によっては耐震等級3の建物の方が倒壊します。

では、どうすればよいのか?
下記で説明致します。

地震に対する設計として・・・

耐震
強さのみUP地震力は吸収できない
筋肉ムキムキタイプで頑張ってしまうので、何度も強い攻撃受け続けたら壊れるイメージ…
免震
地震力をかなり吸収
一番理想だけど、住宅でやるにはコストがかなり掛かるのでやれない人も多い
制震
地震力を少し吸収
制震であれば、力をいなしてくれる…比較的安く導入出来る製品もあるので、僕は制震をまず勧めてます

という3つの考えがあります。

東京駅でレトロフィット工法というで免震化されましたが、免振というのは一番地震に対しては有利です。
ただ、住宅は高層ビルではないですし、何より住宅に免振を採用するにはコストが掛かり過ぎて、よほど予算に余裕がない限りは現実的ではありません。

よく、耐震補強というコトバを聞いた事あるかもしれませんが、それはコトバ通り「耐震」です。

そこで・・・

Raphael設計では、「制震」を設計に取り入れる事を考えております。

制震にも色んなメーカーがございますが、「共振」が起きないものを採用します。

現在、数百年に一度と言われる地震が各地で起きています。

地震対策について、法律でこう決まっているとかではなく・・・

  • 地震が発生している最中でも家の中はどこよりも安全である

という事が、これからの住宅にも必要な事なのだと思っています。